HOME
トータルボディケアらくらく
訪問介護
まずはご相談ください
スタッフ募集
インフォメーション
お役立ち情報
    お役立ち情報
健康豆知識

関節のゆがみ

  関節には正常な可動域がありますが、その正常な可動域が制限されることがあります。
  それは筋・滑液・靭帯などが原因で起こるとされています。

  関節が片寄って固定されると、骨は不整列になり”ゆがみ”と表現される
  状態になります。
  運動の制限は正常な関節への負担を増大させ、トラブルの原因となることがあります。

姿勢・構造・などなど

  背骨は全部で24個あります。
  頚椎・胸椎・腰椎ともにそれぞれ形状が違い、運動の役割も得て不徳手が存在します。

  それぞれにある湾曲は、体のバランス・重力支持に非常に重要なものです。
  もし湾曲の異常が起こると、一つ一つの脊椎にかかる負荷が増大します。
  カパンティによると、「正常な湾曲ならば1/10負荷を減らすが、湾曲が一つ減るだけで、
  1/5しか負荷を減らさなくなる」としています。

関節の矯正法

  背骨・四肢の関節矯正には、ゆっくりとした低速の矯正と、
  すばやい高速の矯正があります。
  痛みやゆがみの状態により、これらは使い分けられ、
  皆様の負担の少ない方法を用います。

  ゆがみは脱臼などではありませんので、可動域減少(リストリクション)関節が
  正常な運動性を取り戻すように行ないます。

PAGE TOP

ゆがんでいませんか?あなたの体
  姿勢チェックや健康講座も行っています。
  お気軽にお問い合わせください。

  予約制 ⇒ 078-709-6288
COPYRIGHT(C)2008 トータルボディケアらくらく ALL RIGHTS RESERVED.